本に影響を受ける人生とは

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

 

宗田理ぼくらの七日間戦争

この本は中学1年生の時、きっかけは忘れたけど姉に借り読んだ所…。

非常に面白く!ドハマり続編のぼくら~シリーズ全巻29冊を一ヶ月ですべて読み、母に「本ばっかり読んでないで勉強しなさい!」と言われたことも。

 

人生に影響を与えたというと大げさかもしれないけど、少なくともこの本を読んでいなかったらその後読書をするようにならなかったかもしれない。

宗田理ぼくらシリーズ、2年A組探偵局、新ぼくらシリーズ

赤川次郎三毛猫ホームズシリーズ。

 

そして高校1年の頃NHK大河ドラマ新選組!にハマり、そこから新選組、幕末関係、特に司馬遼太郎を好んで読むように。

燃えよ剣新選組血風録」「峠」

この3つが特にお気に入り。

 

よく人生観を変える本、などというけれど

自分もそういった本があるのかと思い、ネット上でのおすすめはちょこちょこ読んでみたけれど、正直本くらいで人生変わらないですね…。